海外転勤への準備

安定した生活を得ることが出来るサラリーマンにも、一つ悲しいポイントがあります。
それは、会社からの命令に対して(違法でない限り)逆らうことが出来ないということです。
もしも海外転勤を命じられてしまえば、その命令に従うしか無いでしょう。
しかし、やはり海外転勤というのは不安が多いものです。
どうすればいいのか分からないことも多いのではないでしょうか。
まず家族はどうするのか、という問題があります。
自分だけ海外に赴任するのか、或いは家族にも付いてきてもらうのか、まずこの相談をする必要があるでしょう。
夫婦だけならば比較的簡単に一緒に転勤が出来るものの、子供もいるとなると中々簡単には出来ません。
教育環境なども大きく変わってしまうことがあり、国によっては十分な教育が得られない可能性すらあります。

もう一つ、しっかり考えておかなければならないのが「何を持っていくのか」ということです。
海外転勤先に持っていくものと、置いていくものの選別は普段から引越が多い人であっても頭を悩ませることになるでしょう。
まずはこの「持ち物の仕分け」について考えなければなりません。
持ち物の仕分けについてはいくつかの「個人的な基準」と「法的な基準」に基づいて決定することになります。
当サイトではそんな「海外転勤の際の引越で注意したいポイント」について紹介します。
事前に知っておくことで防ぐことが出来るトラブルも多くあるため、極力しっかりと準備をしておき、問題が起きないようにしましょう。



※推奨リンク
海外転勤を命じられた際に自宅をリロケーション出来るサイトです → リロケーション